定番ランチでのメニューミックスによる利益確保

従来からメニューミックスを導入されているお店は多くあります。しかし、そのほとんどが旬の安い食材を使ったものだと思われます。
現在注目されているメニューミックスは、定番メニューでの導入です。

メニューミックスで5%の利益アップ

以前のランチメニュー

  使用肉 販売価格 他食材 原価 原価率 提供数 売上 原価
親子丼 国産80g 600円 96円 115円 211円 35% 40 24,000円 8,440円
きじ丼 国産140g 700円 168円 95円 263円 38% 80 56,000円 21,040円
合計 80,000円 29,480円 37%

メニューミックス後のランチメニュー

  使用肉 販売価格 他食材 原価 原価率 提供数 売上 原価
親子丼 国産80g 600円 96円 115円 211円 35% 30 18,000円 6,330円
きじ丼 国産140g 700円 168円 95円 263円 38% 30 21,000円 7,890円
さっぱり
唐揚げ
海外産140g 700円 49円 147円 196円 28% 60 42,000円 11,760円
合計 81,000円 25,980円 32%

繁盛を呼ぶメニューのご提案

【ご提案】ポークソテーの簡単マスタードソース

「中華味」を下味に使うと、海外産冷凍豚肉でも、国産フレッシュ肉に劣らない豚肉本来のしっかりとした風味とうま味に仕上がります。

ポークソテーの簡単マスタードソース

ポークエキスをメインに使用している「中華味」は、豚肉料理の下味に最適です。

■国産と海外産冷凍肉単品原価比較
使用肉 販売
価格
豚肉 他食材 「中華味」 原価 原価率
国産肉使用ポークソテー 国産 120g 700円 132円 130円 262円 38%
海外産冷凍肉使用
ご提案ポークソテー
海外産 120g 700円 90円 130円 2円 222円 32%

国産110円/100g 海外産冷凍75円/100g

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。