【高輪・壇太】あの名物ギョーザのかくし味は「味の素® Ⓢ」
外食向け

【高輪・壇太】あの名物ギョーザのかくし味は「味の素® Ⓢ」

元首相をはじめ多くの著名人に愛される『壇太』。高輪の住宅街にぽつんとある家族経営の店。
客を惹きつけるその味のヒミツに迫る!

何時間もかかるダシ「味の素® Ⓢ」なら簡単に

常連客はもちろん、遠方から食べにくるファンも多い餃子。そのレシピは家族にさえ教えないという秘伝中の秘伝だ。しかし大将の安達実さんが、そこに「味の素® Ⓢ」が入っていることを明かしてくれた。

「今の味になるまで試行錯誤がありましたが、「味の素® Ⓢ」だけは最初から入れていました。煮物などに入れると味がよくなるので、餃子にも入れてみようと思ったんです。野菜や肉からもダシがでますが、ちょっと加えるといい味になってくるので、やっぱり必要ですね。」

今、2人の息子さんも厨房に立ち、新しいメニュー作りにも加わっている。

「日替わりメニューは毎日5品ほど作っています。新しい料理にトライする時、「味の素® Ⓢ」に助けられることがありますね。牛肉の赤ワイン蒸しを作ったのですが、味にもうひとひねり欲しいと思い、「味の素® Ⓢ」を入れたら、ぱっと味が決まったことがありました」。とは、長男の了太さん

さらに次男の壇さんも「自分が作ったメニューに、ネギ塩焼きそばがあるのですが、これには「味の素® Ⓢ」が欠かせません。たっぷりの白髪ネギに塩とほんの少しのゴマ油で和えているのですが、塩味のみだと辛いだけの料理になってしまいます。うま味を足すために「味の素® Ⓢ」を入れます。もし「味の素® Ⓢ」がなかったら、その味を出すために昆布や鰹でとったダシを、何時間も煮詰めてうま味を抽出しなくてはならないでしょうね。助かっています。」

さっぱり味のネギ塩焼きそば。
焼きそばを炒め、その上に「味の素® Ⓢ」と塩、少量のゴマ油で和えた白髪ネギをふんわりと。「味の素® Ⓢ」で辛みが抑えられマイルドになった白髪ネギは、そのままツマミにする客がいるほど好評。

※記載内容取材当時の情報を元に作成しております。現在とは内容が異なる場合がございます。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。