【丸の内・ポールスター】伝統のドライカレーを支える「クノール® ビーフコンソメ」
外食向け

【丸の内・ポールスター】伝統のドライカレーを支える「クノール® ビーフコンソメ」

洋食のルーツである日本郵船の客船レストラン。
明治から続くその味を今に伝え、常に高い評価を得ている『ポールスター』。
正統の味を変えることなく合理的な仕込を可能にした技とは?

かくし味は「クノール® ビーフコンソメ」

ポールスターの名物料理、ドライカレー。これは明治期、世界の食通たちを魅了していた日本郵船の客船レストランで出されていたものだ。

「ドライカレーはずっと同じレシピで、基本的には昔からの味を崩さずに作っています。コクを補うものとして「クノール® ビーフコンソメ」を入れていますが、これは20年以上も前からレシピに組み込まれていました。もちろん最初は自家製のブイヨンをとっていたのでしょうが、コストや手間の面から代用していったのだと思います。」とは総料理長の岩谷修司さん。現代人の舌に合わせるため、辛みを少し減らしたりレーズンやピーナッツバターをかくし味に入れたりと、独自の工夫を加えたそうだが、「クノール® ビーフコンソメ」は変わらずに使い続けている。また、洋食の要であるデミグラスソースにも活用しているという。

「新丸ビルの改築で今のビルに移転し、厨房スペースが半分になってしまい、仕込みスペースが足りないので、冷凍のフォンドボーに切り替えました。本来はそれを煮詰めてソースにするのですが、それではコストがかかりすぎてしまいます。そこで「クノール® ビーフコンソメ」を入れ、味とコクを補っています。その状態ではまだ水っぽいので、コンスターチでとろみをつけてバターで仕上げ、さらに前回作ったデミグラスソースを継ぎ足して味をまとめます」。

粉体コンソメ・ブイヨンならではの便利さ

粉体コンソメを使う理由として、料理と水分の関係も見逃せない。
「液体のダシを使うとある程度水分を飛ばさなくてはならない場合があります。例えばカニクリームコロッケ。カニのほぐし身だけでは出ないうま味をプラスするために、「クノール® スペシャルフィッシュブイヨン」を入れます、粉末のブイヨンですからベシャメルソースの濃度が変わらず、煮詰めたりして調節する必要がないので便利です。ソースを作る時も同様ですね。ずっと使い続けています。」

厨房では、粉体コンソメがコスト・時間・ストックの問題をクリアにし、伝統の味を支える。フロアでは、鈴木マネージャーが大切な予約台帳を片手に常連客にきめ細やかく対応。かわらない味と接客のよさに長年のファンがついている。

※記載内容取材当時の情報を元に作成しております。現在とは内容が異なる場合がございます。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。