7月「七夕」

ひこ星とおり姫が天の川を渡って、年に一度だけ会うことができたという中国の伝説の日が、7月7日。奈良時代に日本に伝わり、年中行事の七夕へと発展しました。また、古くから七夕の日にはそうめんを食べる習慣があることから、7月7日は「乾めんの日」として昭和57年に制定されています。気になる栄養もしっかり摂れる、そうめんを使った七夕の行事食をご提案いたします。

なぜ七夕にそうめんを食べるの?

天の川やおり姫の織る糸に見立てられ、千年以上も前から七夕の行事食として食べられてきたそうめん。節句にその季節のものをいただいて、無病息災を願う風習はたくさんありますが、七夕のそうめんもその一つ。喉ごしがよくて食べやすいそうめんは、暑さで食欲が減退する時期にはぴったりのメニューです。

参考文献:「366日記念日事典」(日本記念日協会)

「七夕」の献立提案

見た目が涼しげで、いろいろな食感も楽しめる七夕御膳です。

レシピのポイント

主食: やわらか蒸し鶏の和風棒棒鶏そうめん

淡白なそうめんを、棒棒鶏仕立てにすることで食べやすくしたメニューです。特製の和風ゴマだれには、「本造り」だしパックかつおと「丸鶏がらスープ」塩分ひかえめのだしのダブル使いをすることで、味にラーメンスープのような奥行がうまれます。鶏むね肉は「献立さん®」やわらかアップお肉・お魚用を使って蒸すことで、やわらかな仕上がりに。

副菜: 蒸し茄子と長いもの 梅ジュレソースかけ

皮をむいて蒸した茄子と、しゃきしゃきの長芋を組み合わせ、食感の違いが楽しめるメニューです。ジュレソースは 「本造り」だしパックかつおのだしのうま味に梅干しを加え、さっぱりとした仕上がりにします。

水菓子小豆入り抹茶羊羹(FFA)季節のフルーツ

香り高い抹茶を使用した抹茶羹と小豆かのこ豆をあわせました。グラデーションの色合いが美しいフリーカット水菓子です。便利なフリーカットタイプですので、お好きなサイズにカットできます。

完成イメージ

行事食カード&箸袋シート(PDF)

行事用イラスト素材

会員限定

この記事の続きをご覧になるには会員登録が必要です。

まだ会員登録がお済みでない方はこちら

会員登録

すでに会員登録済みの方はこちら

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。