8月「夏祭り」

夏真っ盛りの8月は、食欲が落ちる時期。しっかりしたパンチのある味付けで、食欲をかきたてる夏祭りの献立をご提案いたします。塩味ひかえめでも調味料の使い方ひとつで、しっかりとした味付けに。バイキング形式でも提供可能な献立のご提案で、施設の食事を楽しく演出いたします。

夏祭りの主役、盆踊りの由来は?

簡単な振り付けで誰でも踊ることができ、皆が楽しめる盆踊りは、お盆シーズンのハイライトともいえるイベントです。
盆踊りにはもともと、お盆の時期に帰ってきた先祖の霊を慰め、ふたたび送り出すという意味があります。本来、盆踊りが行われていた旧暦の7月15日は満月だったことから、晴れていれば月の明るさで夜通し踊ることができ、人々にとっての娯楽的な要素もありました。

「夏祭り」の献立提案

暑い夏でも食欲がかきたてられる、
パンチの効いた味わいの“夏祭り”風御膳です。

レシピのポイント

主食: ふんわりお好み焼き

「お塩控えめの・ほんだし®」のかつお風味をプラスすることで、ソースが少量で塩味ひかえ目でも、しっかりとした味が感じられるお好み焼きに。中具を刻んで加え、粉を少なめにすることでフワフワに仕上がるので、幅広い食形態に対応可能なメニューです。

副菜: 枝豆豆腐の だししょう油かけ

枝豆をミキサーにかけて葛で固めた、色鮮やかな寄せものです。「本造り」だしパックかつおで作るだししょう油が効いたさっぱりとした味わいで、箸休めにぴったりのメニューです。 幅広い食形態の方に対応できます。

副菜: ジャガバタの 中華味噌のせ

屋台の定番メニュー、ジャガバターのソースをアレンジして、冷めても美味しく提供可能なメニューに。 蒸したじゃがいもに、「Cook Do®」回鍋肉用で作った味噌をのせてパンチのある味わいに仕上げます。じゃがいもをマッシュすると、幅広い食形態の方に提供できます。

完成イメージ

行事食カード&箸袋シート(PDF)

行事用イラスト素材

会員限定

この記事の続きをご覧になるには会員登録が必要です。

まだ会員登録がお済みでない方はこちら

会員登録

すでに会員登録済みの方はこちら

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。