長寿のお祝いに!お祝い食のレシピ特集

もち米とうるち米を使用して、冷めても食べやすい硬さに仕上げます。あらかじめ「ハイミー®」と塩を合わせた「うま味塩」を加えてスチコンで蒸し上げることで、まんべんなく塩味を感じることができます。 お赤飯の風味をそこなわず、少量でコクの底上げができるので減塩につながります。

お祝いには欠かせない鯛を主菜に。 「ハイミー®」と塩を合わせた「うま味塩」をふることで、鯛の風味をそこなわず、少量でコクの底上げができるので減塩につながります。王道メニューの塩焼きが、うま味のあるワンランク上の味わいに。お赤飯の風味をそこなわず、少量でコクの底上げができるので減塩につながります。

鯛メニューのバリエーション!

鯛を黄金色に焼き上げたお祝い御膳にぴったりの一品です。 クリームソースに卵黄と味噌を加えたなめらかなソースが、白身魚を食べやすくまとめます。 季節に合わせて、春夏向けには「うま塩焼き」、秋冬向けには「黄金焼き」を提供するなどでお楽しみいただけます。


長寿のお祝いカラーの紫食材の茄子を、そぼろあんかけに。 「Cook Do®」麻婆茄子用を使用し、手軽にコク深い味わいのそぼろあんに仕立てます。「ほんだし®」こんぶだしを使い、和風御膳に合う味わいに仕上げました。

お祝い御膳は、普段とは少し違った仕立てや色合いの小鉢を添えて華やかに。 レモンの香りの効いたドレッシングととびっこを合わせ、特別感を演出します。

巻かずにできる、アレンジ小鉢!

せん切りした食材を「セミセパ®」レモンドレッシングで和えて器に盛り、とびっこをのせるだけで彩りのある小鉢に仕上がります。


むきエビとはんぺんを使用した簡単しんじょう。お祝い感をぐっと演出する豪華な汁物です。海老とはんぺんのうま味を「ほんだし®」かつおだしがぐっと引き立てます。

長寿のお祝いカラー、紫と白を取り合わせたデザートです。レアーチーズケーキにブルーベリーソースを流します。

お祝い食のテクニック

会員限定

この記事の続きをご覧になるには会員登録が必要です。

まだ会員登録がお済みでない方はこちら

会員登録

すでに会員登録済みの方はこちら

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。