低単価のシンプル高価値鍋

鍋料理の低価格化がすすんでいるようです。理由は、様々です。家庭内の調理時間が短くなり、真夏以外には、いつでも鍋料理が食卓に登場するので、鍋料理のごちそう感が薄れているということもあります。
しかし、最も大きな要因は、高い鍋を注文すると、お客様が予算面で満足できなくなるということがあるのではないでしょうか。一品料理の平均価格500円のお店の鍋料理が、1人前1,500円だとすると、鍋だけで3品分の料理価格に相当します。注文数の平均が、2ドリンク3フードですから、鍋だけで、料理の予算になります。そこに一品料理を追加すると、想定予算を超えてしまうことになります。
「あの店、いつもひとり2,500円程度で飲み食いできるのに、鍋を注文すると、4,500円になった。いつもと違ってお得感が無いな」これでは、お客様が離れてしまいます。あるチェーン店では、鍋の単価を一品料理の1.5倍までと決めて提供して、好評を得ています。やはり、値ごろ感のある価格施策は、お客様の満足を得るために大切です。

繁盛を呼ぶメニューのご提案

【ご提案1】塩ちゃんこ鍋


鶏だんごだけのシンプル鍋です。「丸鶏がらスープ」の上品で豊かな味わいが、鍋の味わいを完成させます。

【ご提案2】かじきと鶏のねぎま鍋


かじきと鶏肉の低原価素材を活用します。だしに「丸鶏がらスープ」を加えると、素材のうま味が引き立ちます。

【ご提案3】クリーミー飛鳥鍋


「クノール® クッキングスープ」クリームポタージュと「丸鶏がらスープ」をベースにした鍋つゆのオリジナル鍋です。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。