串料理を進化させる調味料

串料理とビールは大変相性がいい組み合わせです。
串料理のバラエティを増やすことで、ビールのオーダー増を狙いましょう。
オペレーションはほとんど変えずにメニューが広がる串料理のアイデアをご提案いたします。

ポイント

①串打ちや焼きのオペレーションはそのまま

串打ちや焼きのオペレーションは変えずに、下味やたれなどを工夫することでメニューが広がります。

②味に変化をつける

塩やたれ以外の串料理があると、お店オリジナルの味になり、料理の価値がさらに上がるでしょう。

③お客様のニーズに対応

がっつり食べたい男性客、にぎやかに会食を楽しみたい女性客など、来店の目的に合わせて串料理を選ぶことができたら、お客様の満足度は高まるのではないでしょうか。

調味料がお手伝いできること

【具体的な方法】

調味料を仕上げやたれに活用します。

【効果】

オペレーションはほとんど変えずに、味に変化をつけることでメニューが広がります。

【お客様の評価】

他店では味わえないお店オリジナルの味を提供できるので、リピーターを取り込むことができるでしょう。

【今回のご提案】バラエティ串焼きソース

調味料を味のベースにすると簡単に串焼き用のソースが作れます。
塩、たれ以外のメニューを増やして、お客様を取り込みましょう。串焼き以外にもソテーやサラダでもお使いいただけます。

うま味酒

串揚げの仕上げに「うま味酒」をさっとふりかけるだけで、脂分にうま味が効いて、味がぐっと引きしまります。

「うま味酒」は、お酒に3%の「味の素® S」を加えて作ります。

串焼き 塩たれ

調味料を替えるだけで、肉や海鮮に合うたれが作れます。

ほとんど同じ材料で簡単に肉串用、海鮮串用2種類のたれを作ることができます。

肉串用塩たれ 約10人前(約30串分)の分量

※材料の緑色部分が肉・海鮮の共通材料・分量です。
「味の素® S」がたれの味をまとめて、肉の持つうま味を深めます。

海鮮串用塩たれ 約10人前(約30串分)の分量

※材料の緑色部分が肉・海鮮の共通材料・分量です。
塩たれに「ほんだし® かつおだし」を加えるだけで、 海鮮素材の味が引き立ちます。

串焼き オリジナルマヨソース

マヨネーズに「クノール® チキンコンソメ」を加えるだけで簡単にソースベースが作れます。さらに香辛料などを加えるとお店オリジナルの味になります。

マヨネーズ150gに対して「クノール® チキンコンソメ」小さじ1/2が目安です。

リンゴカレーソース 約10人前 (約30串分)の分量

カットトマトソース 約10人前 (約30串分)の分量

オレンジソース 約10人前 (約30串分)の分量

海鮮串におすすめのソース

ソースを添えることで料理の完成度が高まります。

「GABAN® スパイスソース」スパイシーオーロラソース
トマトベースのコクが 海鮮串によく合います。

調味料で、料理の価値を上げる。
料理を楽しくする。料理のバラエティを増やす。

オペレーションは変えずに調味料を仕上げやたれに活用することで、串料理が新しくなり、メニューバリエーションを増やすことができます。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。