メニューが増える広がる、トマトソース活用術

バルに代表される洋風メニューが人気です。
カンタンにお店オリジナルの洋風メニューが作れるトマトソースをご紹介いたします。

ポイント

①使いやすい基本のソースを用意する

様々な料理への使用を前提とした基本ソースの条件は、味わいがあってクセがないことです。

②手間なしカンタンに作れる

メニューを広げるために、手間をかけると長続きしません。基本のソース作りに手間をかけないことが大切です。

③作り置きが出来て、何にでも使える

冷蔵庫でストックしても風味、味わいが失われないソースをまとめて作っておくと、必要なときに、必要な分だけ使用できます。

【今回のご提案】
「クノール® チキンコンソメ」で作る基本のトマトソース

コクと風味豊かな国産老鶏を原料にしている「クノール® チキンコンソメ」で基本のトマトソースを作ると、どんな料理にも合うクセのない味に仕上がります。しかもソースを冷蔵保存しても、風味や味わいはそのままです。
今回は、基本のトマトソースを活用した料理を紹介いたします。ソースを作り置きして、様々な料理にお使いください。

●作り方
(1)たまねぎをオリーブ油でよく炒める。
(2)他の材料を全て入れて、20分程度煮込む。

基本のトマトソース

※出来上がり2kg(パスタソース 約25人前)

えびとアスパラのペンネ

基本のトマトソースで作れます。
素材は自由にアレンジできます。

ペンネは、所定のゆで時間より5分程度短くゆでて、基本のトマトソースと煮込むと味がよくなじみます。

ほたてのソテー トマトソース

マヨネーズを加えるだけで、魚介に合うソースになります。魚介だけでなく鶏肉でもお試しください。

ほたてのソテーの下味には「味の素® S」をお使いください。ほたてのうま味が引き出されます。

豚肉のグリル マスタードトマトソース

マスタードを加えるだけで、豚肉の味が引き立つソースになります。串焼きなどの料理にもお使いいただけます。

基本のトマトソースの味にクセがないから、ハーブ、香辛料を効かせてパンチのある味などアレンジも可能です。

ソースの使いこなしで、カンタンにメニューが広がる

基本のトマトソースは、上記以外にもオムレツ、ピラフ、煮込み料理などにも使えます。新しいメニューにチャレンジしてみましょう。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。