利益を上げる豆腐料理

豆腐は好き嫌いがなく、原価が安い素材です。
またクセのない素材ですから、アレンジ次第で高利益メニューを作ることができます。

ポイント

①年間を通じて食べられている

夏の冷奴が人気になる時期を除いて、豆腐の需要は年間を通じてほぼ変わりません。豆腐で人気メニューを作れば、安定的にお店の売上に貢献することになります。

②アレンジしやすい

江戸時代の有名な料理書に「豆腐百珍」があります。豆腐のアレンジメニューを100紹介している書物です。水分が約90%でしかも滋味のある豆腐は、調理方法の多くない昔からアレンジしやすい食材だったのです。

③お店の味を作る

豆腐は、家庭でもよく食べられています。だからこそお店の味が大切になります。取寄せの手作り豆腐を提供するのもひとつの方法ですが、調味料を活用すると、簡単にお店オリジナルの豆腐料理ができます。

【今回のご提案】簡単・高利益豆腐料理

オリーブオイルソースのトマト冷奴

簡単に作れる新しい豆腐活用メニュー

※上記は10人前の材料です。

味付けに香草など特別な素材は不要です。オリーブオイルに「ほんだし® かつおだし」の風味を加えることで、簡単に味が決まります。

豆腐のサモサ

繁盛店の人気メニュー

※上記は10個分の材料です。

「クノール® チキンコンソメ」と「味の素® S」を使えば、下ごしらえは簡単。ある繁盛店では2個600円で販売しており、原価率15%の人気メニューになっています。

だしわり冷奴

簡単に作れるオリジナル冷奴だし

※上記は10人前の材料です。

調味料を合わせて煮立てるだけで、オリジナル冷奴だしができます。トッピングの素材に合わせて醤油やみりんの量を調整すると、冷奴がより魅力的な一品になります。

簡単アレンジで高利益

豆腐はそれ自体、アレンジしやすい素材です。アレンジする際、料理自体の質はもちろん大切ですが、同時に高利益になる料理を心がけましょう。調味料活用が高利益料理のポイントです。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。