人件費ロスを抑えながら、機会損失を出さない「調味料」+冷凍加工食品活用術

ビール需要が伸びて売上順調な夏季の課題は、人件費ロスと機会ロスの低減

夏季はビール重要が上がり売上好調期ですが、頭の痛いのが天候による客数変化ではないでしょうか。スタッフ配置も完全で仕込みも充分なのに、突然の雨で予想の半分もお客様が来ない。そんなことが頻繁にあります。仕込んだ料理は、保存・流用でロス軽減できたとしても、人件費は、そのままロスになってしまします。しかし、人件費ロスを気にするあまりに、予期せぬ突然の満席にお客様の対応ができなく、お客様が帰ってしまうという機会損失も起こりがちです。
今回のご提案は、人件費ロスを出さない「調味料」+冷凍加工食品のご提案です。

繁盛を呼ぶメニューのご提案

【ご提案1】れんこんはさみ揚げのおろし和え


「ハイミー®」を加えるだけで、「うま味」充分な三杯酢が出来上がります。

【味の素冷凍食品】蓮根の挟み揚げ(豚)

【ご提案2】タンドリーチキンのシーザーサラダ


簡単に作れる豪華ボリュームメニューですので、宴会、大人数ビールメニューにもおすすめです。

【味の素冷凍食品】グリルチキン(タンドリーチキン)

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。