店頭訴求力をアップしてもっとビール&料理を売る。

効果の高い店頭情報発信力。お客様は、店頭情報を大切にします。

お店の口コミ・情報サイトは、すっかりと定着しています。一方で、お客様は、店頭でのリアルな情報に強く関心を持ちます。特に夏場のビール需要の高い時期には、冷えたビールを飲みにふらりと来店する新規のお客様が多くいます。そんなお客様をひとりでも多く獲得しようと、よく「ビール冷えています」との店頭表示を目にしますが、さらに具体的な「あっ、ビールがおいしそう」と感じるメニューを一緒に訴求すれば、来店客数は、もっと伸びるかもしれません。

繁盛を呼ぶメニューのご提案

ビールに合う料理のポイント

  • ●適度な塩分がある
    ビールを飲むと血液が薄められて、血液中のナトリウムが不足しがちになります。塩でナトリウムを補う料理がおいしく感じます。
  •  
  • ●脂肪分がある
    炭酸ガスで胃が膨れ空腹感を覚えます。脂肪分を含んだ料理は、胃に負担をかけずに空腹感を抑えてくれます。
  •  
  • ●刺激が強くない味わい
    ビールの炭酸が口の中に広がることで、爽やかさや味のキレを感じます。 ビールの刺激と重なるような刺激の強い料理は、ビールの味わいを鈍らせてしまう傾向があります。

 

【ご提案1】簡単 豚バラ肉チャーシュー


下味の「中華味」顆粒が豚肉の持味を高めます。大量調理にも向いています。

【ご提案2】鶏ムネ肉の油淋鶏


「セミセパ®」すりおろし玉ねぎドレッシングで、手間なしで油淋鶏のタレが作れます。

【ご提案3】しらすのねぎポン ポテサラ


「味の素KK士幌ポテト」男爵100%サラダごろっとタイプにポン酢醤油を加えると、さっぱり夏向けのポテサラになります。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。