メニューに変化を与える!「中華味」を使った和食の中華風アレンジ

吉岡英尋さんのミラクルレシピ

和食料理を中華風にアレンジしたいときにはとても便利な調味料。香辛料の風味が加わるのもありがたい。

吉岡英尋さん なすび亭店主
開発ポイント
ポーク・チキンのエキスに、オイスターソースのコクを加えた「中華味」顆粒は、これ一つで料理の味が決まる、万能中華系調味料。中華スープを仕込まない和・洋料理店でも、メニューに変化を与える中華系創作料理にチャレンジができる。

角煮酢豚

豚の角煮をこってり中華風に仕立て、酢のさわやかな風味をきかせた一品。濃厚ながらも、食べ飽きさせない味に仕上がっている。

​​~吉岡シェフのミラクルポイント​​~
角煮を酢豚味で食べさせる楽しいメニューの味をまとめるのが、「中華味」顆粒。和食店ではなかなか出せない中華風の味わいを、この調味料がしっかりと作り上げる。

柚子水餃子すいとん風

柚子の香りを効かせたニョッキ風の餡を餃子の皮で包み、スープ仕立てにしたサプライズメニュー。うま味を効かせたスープなので、見た目以上にボリューム感のある一品に。

​​~吉岡シェフのミラクルポイント​​~
動物系食材をほとんど使わない料理に、コクに与えたい時に活躍するのが、「中華味」顆粒だ。豚、鶏、オイスターソースなどの奥行きのある風味が、シンプルな具材を引き立てる。

ナスとレンコンの和がらし炒め

ベーコンのうま味とピリッと辛い和がらしをアクセントに効かせることで、単調になりがちな野菜料理に奥行きをプラス。

​​~吉岡シェフのミラクルポイント​​~
油と相性の良いナスや青唐だが、ベーコンとゴマ油だけではやや力不足。「中華味」顆粒でうま味を補い、濃いめの味つけにすることで最後まで食べ飽きさせない。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。