素材の味を高める!「中華味」使いこなし技

桝谷周一郎さん のミラクルレシピ

料理ごとに複雑な味わいを求められる中華の調味は、コストや手間のかかるもの。用途の広い「中華味」顆粒を上手に使いたい

桝谷周一郎さん(オステリア ルッカ代表)
開発ポイント
動物系エキスに香辛料の風味が合わさった「中華味」顆粒は、手軽に中華風の味わいを作り出せる便利な調味料。中華系のメニューで、すこし味をしっかりさせたいと感じた時に使うと、主食材の味を高めてくれる。素材に下味を入れるのにもよい。

バンバンジー

低カロリーでヘルシーな鶏胸肉に野菜もたっぷり取り合わせた一品。全体的にあっさりとした味だが、うま味がしっかりと感じられるので、最後までおいしくいただける。

​​~桝谷シェフのミラクルポイント​​~
淡泊な持ち味の鶏胸肉は、しっかりと下味を入れたい素材。「中華味」顆粒を煮汁に加えるだけで十分に味が入る。鶏胸肉を煮汁に浸けたまま一晩おけば、味わいが一層高まる。

トマトと卵の炒め物

ふんわり卵ととろりとしたトマトが絶妙の組み合わせ。ご飯によく合う中華の定番メニューを、「中華味」顆粒でよりおいしくブラッシュアップ。

​​~桝谷シェフのミラクルポイント​​~
肉や魚介といった、力のある食材が入らないこの料理の味を決めるのが、「中華味」顆粒だ。動物系エキスのうま味や香辛料の香りが加わり、食欲をそそる仕上がりになる。

鶏団子

大ぶりの鶏団子がたっぷり入るボリューム満点の鍋料理。「中華味」顆粒でコクの深まったスープで、野菜もおいしく食べられる。

​​~桝谷シェフのミラクルポイント​​~
「中華味」顆粒のうま味と香辛料が隠し味となって、つくねの味に深みを与える。スープにも少量の「中華味」顆粒を加えることで、鍋全体に一体感のある味わいを作り出すことができる。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。