いつもの素材で魅力のあるスープ

特別な素材も使わないで、手間もかけない。しかも原価を抑えたスープのご紹介です。
魅力的なスープをお店の看板メニューにしましょう。

ポイント

①スープはお客様の食欲を増進させます

最初に口にするスープによって、食欲が刺激されます。スープがおいしいお店は、他の料理もおいしく感じてもらえるのではないでしょうか。

②たっぷり具を使って、華やかにみせる

具だくさんでボリュームがあるスープは見た目にも華やかです。お客様が料理を評価するポイントとして、ボリューム感は大事な要素です。

③手間をかけずに、味を完成させる

「旬の食材や余った食材など様々な素材を使ったら、味にまとまりがなくなった。」なんてことはありませんか。調味料を活用すれば、スープ全体の味をまとめてくれます。

【今回のご提案】具だくさんの低原価スープ

原価率が低いのがお店にとってのスープの魅力でしょう。様々な具材を使うと、スープの価値が上がります。

揚げわんたんスープ

揚げわんたんの油分が「中華味」顆粒のコクと味わいで、まったりおいしくなります。

揚げわんたんは、最後に入れてください。

鶏肉のスイートサワースープ

鶏、野菜、豆腐の味わいを「丸鶏使用がらスープ」が上品にまとめます。

酸味、辛みをさらにきかせたい時には、「丸鶏使用がらスープ」を大目にご使用ください。

※鶏肉は冷凍海外産を想定しています。

調味料で、カンタンに具だくさんスープが出来上がります

様々な具材を使うと、スープは豪華になります。 調味料を活用して、味のバリエーションを広げましょう。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。