お客様のニーズを捉えて客単価アップ【〆のワンモアメニュー術】

調味料の使いこなし

だし2度使いで豊かな香りのみそ汁を

半量の「ほんだし®」かつおだしでベースを作り、提供直前に残り半量を入れて仕上げます。毎回一からだしをとらなくても味がぼやけず風味豊かに。

カンタンに味キマるかつお香るおにぎり

ごはんに「ほんだし®」かつおだしをふりかけ(ごはんに対して0.5%)、まんべんなく混ぜます。あたたかいごはんに混ぜることで、かつおの香りがよりいっそう引き立ちます。

お湯で割るだけ!だしのきいたお茶漬け

鍋に湯を沸かし、「ほんだし®」かつおだしを溶かしたら、茶碗に盛ったごはん+具材の上に注ぐだけです。梅干、のりをのせれば完成です。

中華スープの味付けがカンタンに決まる!

「丸鶏がらスープ」+具材を鍋で煮込めば中華料理ベースのスープがカンタンに仕上がります。別の鍋でゆでた麺に、チャーシュー風に煮た生姜、糸唐がらしをトッピングします。

和えて漬けるだけ!こんぶ風味の浅漬け

ボウルに、ざく切りのキャベツや薄切りのキュウリなどの野菜と、「ほんだし®」こんぶだしを和え、10分程漬けます。器に盛り付け、お好みで塩昆布をのせれば出来上がり。

和風パスタをカンタンに味付け!

パスタ+具材1人前に対して、5g程度の「ほんだし®」かつおだしで炒めるだけ。味付けがカンタンに決まります。さらに性の良い醤油を加えると、香ばしさが増します。

辛めのタレと相性バツグンの生地

薄力粉などに「ほんだし®」いりこだしで作っただし汁をお湯に溶いて加えます。いりこ独特の風味が生地にいきわたり、唐辛子の効いたタレと海鮮具材との相性もバツグン。

かつおぶしとごま油が食欲そそる塩焼きそば

焼きそばを炒めるとき(具材を入れるとき)に、「ほんだし®」かつおだし+ごま油を加えます。かつおぶしとごま油が香り立って食欲をそそる一品に。

〆のワンモアメニューレシピ

繁盛店の使いこなし

東京・浜松町 鶏料理店 鳥まつ

〆メニューでもう一品!人気の「お茶漬け」や」「おしんこ」を

お客様に人気の鶏料理の定番メニューといえば、唐揚げ、焼き鳥ですね。中でも、奇をてらわず魅力的に仕上げた自慢の唐揚げは、多くのお客様から注文が入る看板メニューです。 鶏料理を堪能いただいた後の〆のメニューとしてダントツ人気なのが、さらっと食べられる「お茶漬け」です。また、お口直しの「おしんこ」でさっぱりと〆られるお客様も、数多くおられます。「おいしかった!また来るよ」とのお客様の言葉が、何よりも嬉しいです。


東京・田町 居酒屋 駒八

繁盛を支えるのは、鍋の味噌地づくりとこだわりのだし汁

自慢のオリジナル牛もつ鍋に使う味噌地は、だしに味噌を溶いた味噌汁のようなものですが、「ほんだし®」かつおだしを入れると味が安定しコクが増すため、味噌の素朴な味がカバーされます。仕込み時にはだし汁を作り、数多くのオリジナルメニューのベースとしています。常連客・新規客を問わず〆の人気メニューはオムそばと焼きおにぎり。最後に提供する味噌汁など「締まる」「ほっとする」と非常に喜ばれています。
 メニュー開発も怠りなく、創業43年来、オリジナルメニューをはじめ「ほんだし®」かつおだしが「うちの人気の味」を支えてくれています。

調味料のこと


「ほんだし®」プロの活用術和洋中レシピ

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。