コスパ食材へ切り替えの検討を【素材別アップグレード術】


コスパ食材へ切り替えの検討を

いつもの素材をアップグレードするプロ技―6つの使いこなし。

調味料の使いこなし

衣だけでしっかり味が決まる

片栗粉に「丸鶏がらスープ」を混ぜて衣にします。味付けをしなくても衣にしっかり味が付きます。「唐揚げ」をカリッとクリスピーに、揚げることができます。

豚の深いコクが簡単調理で

豚ばら肉のかたまり全体に「中華味」顆粒をしっかりすり込んだら、ラップをして一晩冷蔵庫で寝かせて焼くだけ。深い味わいの「チャーシュー」が簡単に。

牛肉本来の ま味引き出す

牛肩ロース肉をたこ糸でしばって、「ハイミー®」+塩コショウをすり込むめば、肉本来のうま味がしっかり引き出され、本格的な「ローストビーフ」ができます。

コーン本来の甘みが引き立つ

冷凍コーンに、「味の素®ⓢ」をふって混ぜるだけで、コーン本来の甘みが引き立ちます。「ラーメンのトッピング」などに最適です。

鶏肉の味わいでソースまろやか

クリームソースの最後の仕上げに「丸鶏がらスープ」を加えれば、クセのない鶏肉のうま味や風味がきわ立ち、「クリームパスタ」をまろやかに仕上げます。

香ばしい生地はかつおの風味

薄力粉・山芋などに「ほんだし®」かつおだしで作っただし汁を加えて生地作り。かつお風味が続く、ソースにも負けない香ばしい「お好み焼き」の完成です。

素材アップグレードレシピ

繁盛店の使いこなし

東京・大井町 日本式洋食レストラン
グリルバー シエン

火が強いとすぐに固くなる豚肉は、様子を見ながら焼く

豚肉は好き嫌いが少なく、値段も手頃でメニューにし易い素材。 火が強いとすぐに固くなるので8分目ほど焼いて様子を見る。しょうが焼きやポークソテーでは、肉汁が出ないよう粉をまぶして調理しています。一方、人気のハンバーグでもソースのベースになるデミグラスソースは、調理の度に出る肉汁を継ぎ足すなどして、他にはないウチならではの味作りを心がけています。


東京・浜松町 鶏料理店 鳥まつ

ドリップが多い鶏肉の失われたうま味を、ひと手間で引き出す

鶏肉は足がはやいので、手ばやい調理を心がけています。シンプルに調理するときは、ドリップをシートで吸収させるなど、ひと手間をかけます。お客様が鶏料理に求めるのは定番メニュー。唐揚げ、焼き鳥などが人気です。特に唐揚げは人気が高く、奇をてらいすぎずに魅力的なメニューに仕上げることで、多くのお客様から注文が入る看板メニューです。

調味料のこと


「丸鶏がらスープ」と「中華味」顆粒を使いこなす

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。