クリスマスや節分に!行事食のおやつに使えるヘルシーデザート
病院・高齢者施設向け

クリスマスや節分に!行事食のおやつに使えるヘルシーデザート

12月

1月

2月

12月25日 クリスマス

イエス・キリストの誕生を祝う日。クリスマスは家族や恋人と過ごし、ごちそうを食べたり、プレゼントを渡し、「愛」を伝える日でもあります。

12月31日 大晦日

1年最後の日。108の鐘を除夜の鐘といい、煩悩を取り除き、清らかな心で正月を迎えようというもの。大晦日には年越し蕎麦を食べる習慣があります。

1月1日 元旦

元旦は新年最初のおめでたい日。正月飾りやおせち料理を食べお祝いします。門松やしめ飾り、鏡餅を飾ったりするのは、歳神様を歓迎するための準備で、1年間家族が元気に暮らせるよう祈りを込めます。

1月第2月曜日 成人の日

1月の第2月曜日、成人の門出を祝う日。「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます」ことを趣旨とします。

2月3日 節分

節分とは「季節を分ける」ことを意味し、立春の前の日。「福は内、鬼は外」と言いながら福豆をまき、年齢の数だけ豆を食べ、厄除けを行います。

2月14日 バレンタイン

男女が愛を誓い合う日。女性が男性にチョコレートを贈るのは、日本独自の習慣で、欧米では、恋人や友達がお互いに花束や手紙、お菓子などを贈ります。

クリスマス

クリスマスが近づくと街は一気に華やぎます。見た目や彩りも可愛いらしいクリスマスケーキをご提案します。 鉄板で焼いた生地を小さく切って、もみの木のように盛り付けたら、赤くて可愛いいちごやキウイのオーナメントで華を添えて。みんなで取り分けて食べるのも楽しいかもしれません。

もみの木チョコレート

いちごにはビタミンCが豊富で、中サイズ7粒程で1日の摂取量100mg(日本人の食事摂取基準/2010年版)を補うことができます。
※生クリームに「パルスイート®カロリーゼロ」を使用

節分と大豆

大豆は年の数を食べるとよいとされ、さらに+1個多く食べると、丈夫な体になり風邪をひかないといわれています。 また、鬼に豆を撒くのは、「豆=魔目」という魔除けの意味と、1年の無病息災を祈るという意味が込められています。 大豆と関わりが深い節分のおやつには、豆乳ときな粉を使ったヘルシーデザートを提案します。

豆乳かん

きな粉に加える砂糖を「パルスイート®カロリーゼロ」におきかえてカロリーダウンしました。 豆乳以外にも抹茶や果汁ジュースを使ったアレンジもおすすめです。

カロリーを気にする方でも食べられる
低カロリーなジャムをつくる!

市販のジャムだとカロリーコントロールが必要な方は我慢しなくてはいけないという悩みがあります。そんな時は、砂糖の代わりに「パルスイート®カロリーゼロ」を使った低カロリージャムはおすすめです。 また、簡単にアレンジ可能なジャムはレシピの幅が増えて助かりますよ。
※砂糖を使用したものよりも保存期間が短くなります。なるべくお早めにお召し上がり下さい。

りんごジャム

【おすすめ商品】パルスイートカロリーゼロ

「パルスイート® カロリーゼロ」の主な甘さはアミノ酸からできた甘味料アスパルテームによるものです。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。