秋冬に売れる 中華メニュー

中華メニューは初夏にヤマ場はありますが、年間を通じて売れるメニューです。
使い慣れた季節素材を加えるだけで、「旬メニュー」として売りやすく人気の出る中華メニューに変貌します。

ポイント

①中華の魅力は、野菜をたっぷり摂れることです

中華料理を食べると元気になる。理由は、野菜をたっぷり摂れることと栄養バランスです。「寒さに負けるな!中華でたっぷり秋冬野菜」との明快な訴求をしてはいかがでしょうか。

②旬素材を取り込めば、料理の魅力が上がります

旬素材を使ったメニューは人気です。メニューに「酢豚」と「旬の味わい れんこん酢豚」と並んでいたら、人気メニューになるのは、まちがいなく旬メニューの「れんこん酢豚」です。

③しっかり味付けすれば、どんな素材でもつかいこなせます

「通年メニューに旬素材を加えたら味の調整が難しいかも・・・?」と思われるかもしれませんが、しっかり味付けさえすれば、どんな素材でも料理に調和します。

【今回のご提案】旬素材がいきる中華

旬素材を使うことで季節感を感じられる中華メニューをご提案させていただきます。 難しい料理はありませんので、是非トライしてみましょう。

まったり白味噌具たくさんキムチチゲ

レンコンの食感がおいしいアクセントになる酢豚です。

「Cook Do®」酢豚用の特長は、すっきりとした甘みとほどよい酸味が特徴です。「Cook Do®」八宝菜用でも旬素材を取り入れた料理が可能です。

白菜のクリーム煮

白菜のうま味が引き出される料理です。

丸鶏の風味豊かな「丸鶏がらスープ」を使用することで、白菜のうま味が引き立ちます。

さけチャーハン

一品、しめ料理どちらでも人気になる料理です。

シンプル素材でチャーハンをつくる時には、「味の素® S」がおすすめです。素材のうま味を引き出して、料理全体をまとめます。

旬は「売りたい料理」の味方

旬素材を使うことで、売りたい料理の訴求力が高まります。秋冬の中華メニューに加えてみましょう。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。