お酒が売れる料理

シャブリに生かき、古酒にひねたくあんなど、お酒と料理には相性があります。その理由を知れば、お酒がもっと売れる料理を提供することができます。
お酒と料理の相性を理解して、お店の売上アップに役立てましょう。

ポイント

①お酒がすすむ料理とは?

日本酒、ワインといった醸造酒は、料理との香りの調和が大切です。ウイスキーにビーフジャーキーが合うのは、お互いに燻香があるからです。アルコール度数の高い蒸留酒には、脂の強い料理との相性が良いとされています。これは口の中に残った脂分を洗い落としてくれるからで、ウオッカにキャビアが良い例です。

②いつもの料理をちょっとアレンジ

例えば、白身魚のカルパッチョのソースに昆布の香りを与えると、白ワインはもちろん、日本酒にもよく合う料理になります。お酒と相性の良い料理は、ちょっとした工夫で広がります。

③売りたいお酒を、売りたい時期に

ビールの注文が少ない時期には、ドリンク類の販売低迷が直接お店の売上に響いてしまいます。秋のワイン、冬の日本酒、春のサワー、お店がおすすめするお酒とそれに合う料理の訴求が、売上向上につながります。

【今回のご提案】調味料活用でお酒がすすむ料理に

いつもお店で出している料理をお酒がすすむ料理にかんたんアレンジしてみましょう。手間をかけずに売上アップを目指す調味料活用法です。

牡蠣のオイル漬け

「ほんだし® かつおだし」でハイボール、ウイスキーがすすみます。

定番のカキのオイル漬けに「ほんだし® かつおだし」を加えるだけです。「ほんだし® かつおだし」の燻香がウイスキーによく合います。冷凍カキを使うことで、原価を抑えられます。

鯛のカルパッチョ こんぶわさびソース

「ほんだし® こんぶだし」で白ワイン、日本酒との相性バッチリ

「ほんだし® こんぶだし」の上品な香りが、白ワイン、日本酒の香りとハーモニーを奏でます。

かじきのソテー スパイシーバターソース

淡白なかじきをこってり仕上げると、焼酎とよく合います。

あっさりしたかじきにバターソースをかけると、蒸留酒とよく合います。蒸留酒が脂分の残った口の中をリフレッシュしてくれるからです。

ドリンクと相性の良い料理が売上を伸ばす

お店にとってお酒がすすむ料理があれば、お客様の満足度も上がり、一石二鳥です。かんたんなアレンジで料理が変わります。ぜひお試しください。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。