「うま味」で満足していただく、低原価素材一点豪華鍋

鍋料理のおいしさは、様々な素材から出る「うま味」と風味でしょう。しかし、素材量を増やしたり、素材の品質を上げて鍋のクオリティを上げると、どうしても販売価格を引き上げなければなりません。低価格化がすすむ現在、価格の引き上げは、容易ではありません。特に宴会コース料理では顕著でしょう。
今回のご提案は、「うま味」のあるだしを効かせることで、コストアップせずに鍋の満足度を高める方法です。ぜひお試しください。

繁盛を呼ぶメニューのご提案

【ご提案1】丸鶏スープ鍋


「丸鶏がらスープ」だけで、鶏肉はもちろん、野菜や他の具材も風味豊かになります。

【ご提案2】豚バラと白菜のミルフィーユ鍋


「ほんだし®」かつおだしと「ほんだし®」こんぶだしの組み合わせは、だれからも好まれる素直で味わい深いだしになります。

【ご提案3】寄せ鍋


「コクのチカラ®」甲殻類のコクを使うことで、素材感がグッと増します。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。