調味料活用で閑散期の課題解決

飲食店経営が厳しく、収益がプラスで、貯蓄できているお店は、全体の20%程度という結果も出ています。(日本政策金融公庫 2013年調査より N=1,173)
現状を何とか打開したい。そう強く思っているお店は、少なくない筈です。特に2月の閑散期は、顕著でしょう。しかし、焦りや場当たり的な打開策は、かえって客数減や利益ダウンを招きかねません。顕著な例は、「原価を落として利益率を上げたが、客数を落としてしまった」「最少スタッフで店を運営した結果、メニュー数を削減せざるをえなかった」等があります。積極的な取り組みを行っているのにも関わらず、結果が伴わない。その原因のひとつに課題解決の優先順位を誤っているということが、あるのではないでしょうか。

繁盛を呼ぶメニューのご提案

「ほんだし®」かつおだし使いこなしのご提案

「ほんだし®」かつおだしは、味わいの豊かさと風味が特長です。
使いなれている調味料ですが、さらなる活用で、
メニューが増える、素材を使いこなせる、諦めていた料理が提供できる、など
客数・客単価アップに貢献いたします。

【ご提案1】サーモンマリネ


「ほんだし®」かつおだしがサケの風味を補いながら、特に和風居酒屋では、他の料理と調和する味わいになります。

【ご提案2】がっつりモツの塩焼きそば


クセの強い素材でも、「ほんだし®」かつおだしが味わいをまとめます。

【ご提案3】菜の花とあさりのパスタ


素材が活きるかくし味として「ほんだし®」かつおだしは、和洋中料理で活躍します。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。