新メニューを考える上で役立つ「差別化」。

3月は、メニューを春メニューに刷新するお店が多い月です。
新メニュー提供の基準になる要素は、様々ですが、よく使われる要素のひとつに「差別化」があるのではないでしょうか。
「差別化」は、競合と戦う大切な取り組みです。しかし、ひとつ間違えると、競合だけに目を向けた「差別化のための差別化」になりかねません。
今回は、「差別化」を整理して考えて、競合に勝つご提案です。

繁盛を呼ぶメニューのご提案

「便利な店」+「腕のある店」+「ニーズ対応」のメニュー

【ご提案1】かつおカルパッチョ


旬のかつおで安く提供できます。味付けも和風オリジナル。しかも、油分を控えたいお客様のニーズに対応します。

【ご提案2】トマトのサラダ風冷奴


「クノール® チキンコンソメ」を加えるだけで、お店のオリジナルメニュー。しかも、新しいニーズを掘り起こします。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。