専門店メニューを、広げる。取り入れる。

中華料理は、外食でも家庭料理でも人気です。
しかし、個人経営の中華専門店は、残念ながら廃業が多いようです。
中華料理は、食堂、・居酒屋で食べられることが多くなってきています。中華専門店離れの理由のひとつに、麻婆豆腐や八宝菜などの代表メニューに「集中」していることがあるのでは、ないでしょうか。
中華専門店は、さらにメニューの幅を広げて「分散」を実施することが大切ではないでしょうか。
逆に食堂・居酒屋は、中華メニューを代表メニューに育てる「集中」のチャンスがあります。

今回のご提案は、中華専門店、食堂・居酒屋の両業態でお役に立つであろうメニューをご紹介させていただきます。

繁盛を呼ぶメニューのご提案

中華専門店、食堂・居酒屋 共通のご提案

【ご提案1】刻みオリーブの中華冷奴


「味の素® Ⓢ」といつもお使いの調味料だけで、タレができます。

【ご提案2】薄切り肉の甘酢あんかけ


「Cook Do®」は、味わいと風味がしっかりしているので、水で希釈しても使えます。味の調整は、「中華味」を活用ください。

【ご提案3】中華風かつおのたたきサラダ


「中華味」だけで、中華風アレンジが簡単にできます。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。