うま味引き立つ魚料理「ほんだし®こんぶだし」の仕込み技

吉岡英尋さんのミラクルレシピ

高コストで品質を見分けるのが難しい昆布に比べ、「ほんだし®」こんぶだしは安定した味わいで、手軽に使えます。

吉岡英尋さん なすび亭店主
開発ポイント
北海道産真昆布粉末を使用し、くせがなく、まろやかな味わい。一番だしで知られるように、動物系素材と合わせると、味の相乗効果により料理のうま味が増す。昆布だしが必要な場面では、少量でも大量調理でも対応できるこの調味料を、効果的に使いたい。

カマス一夜干し

しみじみとしたおいしさの干物だが、昆布のやわらかいうま味を加えることで、味の輪郭が明確になり、おいしさが格段にアップ。

​​~吉岡シェフのミラクルポイント​​~
一般的なレシピでは、立て塩に酒を加えて浸け込む干物だが、「ほんだし®」 こんぶだしを一振りするだけで、魚のうま味が一気にアップする。自家製干物を人気メニューに。

ブリの炊き込みご飯

脂の乗ったブリのおいしさがしみわたる炊き込みご飯。だしを効かせて炊き上げたご飯が、炭火焼きしたブリの強いうま味をしっかりと受け止める。

​​~吉岡シェフのミラクルポイント​​~
水出しで一晩かかる本格的な昆布出しが、「ほんだし® 」こんぶだしなら、必要な時に必要な分量だけすぐに手に入る。かつおだしを使わないこの料理に、ぴったりの調味料。

〆サバとおぼろ昆布の即席昆布じめ

サバとカラスミの濃厚なうま味を、「ほんだし®」こんぶだしとおぼろ昆布の味わいがひときわ高めた、日本酒が進むメニュー。

​​~吉岡シェフのミラクルポイント​​~
コストと時間のかかる昆布じめを、「ほんだし® 」こんぶだしでスピード調理。おぼろ昆布と一体となって、カラスミとサバの塩分をまろやかにまとめる。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。