冷凍魚のうまさ底上げ!スチコン料理テクニック

臭み食感の悪さ(パサつく・硬い)、ちぎれやすい、崩れやすい、など課題の多い冷凍魚。
人手不足が深刻化している昨今、現場の課題もできる事もそれぞれ違いますが、
おいしい食事を提供したい!という気持ちは同じです。いろいろな解決術の中から、現場に合ったテクニックを探してみてくださいね。



素材の味を変えず、どのようなメニューにも使えます。「ハイミー®」や「ほんだし®」こんぶだしに含まれているうま味調味料の成分「グルタミン酸」は、トマトやチーズ、海藻類など、天然の食材にもともと含まれている遊離のグルタミン酸と同じものです。

【食べサポ術1】凍ったままの魚に「うま味塩」時短とおいしさを両立!

「うま塩味」をふるだけで、冷凍魚特有の臭みを抑え、ほのかなうま味がつき、身もふっくら仕上がります。

【食べサポ術2】煮魚などにおすすめ!「うま味液」

調味液に「ハイミー®」や「ほんだし®」こんぶだしをひとふり!

【食べサポ術3】解凍時の臭みには「うま味洗い」

魚の臭みをとるためによく使うテクニック「ふり塩」で水気をふきとることは大量調理ではできない!
そんなときは、だしを使った「うま味洗い」がおすすめです。

【1】水にだしを溶かす。

【2】ドリップをしっかりときった魚をさっと「うま味洗い」する

【3】いつも通り焼く。

【番外編】「献立さん®」やわらかアップお肉・お魚用で冷凍魚もやわらかく!

「献立さん®」やわらかアップお肉・お魚用で魚がやわらかく仕上がります。
たんぱく質のつながりをゆるめ、パサつきにも効果があります。
「献立さん®」やわらかアップお肉・お魚用で漬け込んだ魚と同じホテルパンに根菜などを入れると、野菜も一緒にやわらかく!

根菜がやわらかくなる理由

「献立さん®」やわらかアップお肉・お魚用使用により、煮汁のpHが高くなる(アルカリに傾く)ことで繊維がやわらかくなります。ただし、根菜が変色することがあるのでメニュー(色が薄い料理など)によっては注意が必要です。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。