野菜の底値時期を活用した料理

旬の時期が落ち着いた野菜は、驚くほど安価を示すことがあります。
これを上手に活用した、お客様も満足し利益も高いお値打ちメニューをご紹介いたします。

ポイント

①オリジナリティの高いメニュー

値ごろ感のある素材を使うのは、どのお店も同じです。その時期に他店では提供していないオリジナリティのある料理を出すことが出来れば、お客様の注目度は上がります。

②調理オペレーションは簡単に

素材が安価だからこそ、調理オペレーションは時間をかけないことが大切です。オペレーションが複雑だと、人件費がかかってしまい、安価な素材を使う意味が薄れてしまいます。

③野菜以外の素材をうまく組み合わせる

野菜のうま味を引き出す素材も値ごろ感のあるものを使うことが出来れば、料理の価値はさらに上がります。野菜と他の素材をまとめるのに調味料を活用しましょう。

【今回のご提案】低原価・高利益・簡単オペレーション

値ごろ感のある素材を使っても、利益が低ければお店のメリットがありません。お客様から満足を得られて、しかも利益率が高い料理をご提案いたします。

白菜と肉だんごの小鍋仕立て

大量調理が簡単で、仕込んでおけば加熱するだけで、すぐにお客様に提供できる料理です。

年間を通じて価格の安定している挽肉を使ってボリュームたっぷりに仕上げています。食べごたえのあるメニューです。

明太子オニオンスライス

火を使わずにさっと作れる簡単小鉢メニューです。ご飯にもよく合う味わいです。

振り塩程度の「味の素® S」は、明太子と玉ねぎ両方の素材の持ち味を底上げして、料理を力強くします。

調味料で野菜×肉、野菜×魚の組み合わせが広がる

低原価でお客様に満足してもらえる料理は、野菜×肉、野菜×魚のように素材を上手に組み合わせ、調味料を活用することで簡単なオペレーションで提供できます。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。