漬け込み肉料理

「柔らかく香りの良い肉は、どうしても仕入れ価格が高くなる」そんなあきらめの声がよく聞かれます。
肉のランクを上げずにいつもの肉の価値を上げる方法があります。漬け込み肉料理は、肉の価値そのものを上げる料理です。

ポイント

①今使っている肉、またはワンランク下の肉を活用する

ランチの価格競争は加熱する一方ですし、ランチに使われる金額も下降傾向にあります。素材の質を上げて、客単価アップを狙うのは難しい環境ですから、現状かワンランク下の素材を使用して、お客様にいかに満足してもらえるかが重要になってきます。

②肉のクセを軽くする

漬け込み料理は、調味料を素材に染み込ませる料理ですから、素材のクセは軽くなります。肉の滋味をそのままに、クセを軽くすることが肉の価値を上げるポイントです。

③肉の風味を高める

肉のクセを取るのと同時に、風味を高めることが大切です。調味料は肉本来のうま味をいかしながら、風味の高いものに仕上げてくれます。

【今回のご提案】かくし味としての調味料

肉の持ち味を引き立てる、かくし味としての調味料活用法をご紹介いたします。

豚肉の味噌漬け

味噌に「ハイミー®」を加える

「ハイミー®」のうま味が、味噌に流れだした肉のうま味を補います。クセがなくうま味の強い味噌漬けになります。

蒸し鶏のラビゴットソース

「クノール® チキンコンソメ」でマリネする

「クノール® チキンコンソメ」には、鶏肉本来の風味が凝縮されていますから、素材の持ち味を底上げしてくれます。

牛肉のつけ焼き

少量の「ほんだし® かつおだし」で料理が変わる

つけ焼きに「ほんだし® かつおだし」を少量加えると、肉の味をいかしつつ、味わいが深くなります。

かくし味としての「調味料」活用

牛肉に「ほんだし® かつおだし」が本当に合うのか?とお思いの方もあるでしょう。「調味料」で味付けするのではなく、素材をいかすかくし味として「調味料」を使用すると、素材力は、ぐんと上がります。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。