12月「クリスマス」

12月に入ると、街にはツリーやイルミネーションが施され、クリスマスムードが一気に高まります。当日はパーティなどを予定されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、いつもの食事よりもちょっと豪華に、見た目にも鮮やかな特別メニューをご提案。お食事から、クリスマスの素敵な思い出づくりのお手伝いをいたします。

日本の「クリスマス」はいつからはじまったの?

「クリスマス」はキリストの誕生の日とされています。
紀元400年頃から“降誕祭”が行われるようになったとされ、クリスマスツリーを囲み、プレゼントの交換などをして、喜びを分かち合ったそうです。日本にクリスマスが伝えられた年は諸説ありますが、1565年(永禄8)年頃、宣教師・フロイスによって、京都に伝えられたのがはじめとされています。

参考文献:「366日記念日事典」(日本記念日協会)

「クリスマス」の献立提案

クリスマスは少しゴージャスに!
もちろん食べやすさにも配慮しています。

レシピのポイント

主菜: ローストポークのマスタードソース・りんごとマッシュポテト添え

ボリューム感のある厚めのお肉を、「献立さん®」やわらかアップお肉・お魚用を使って、高齢者でも食べやすいかたさのローストポークに仕上げています。 ソースは、生クリームと粒マスタードに「味の素KKコンソメ」塩分ひかえめを使って、濃厚な味わいに。マッシュポテトは、口当たりよくフワフワにし、幅広い食形態の方にお召し上がりいただけます。りんごのソテーを添えて、クリスマスらしさが感じられるメニューにしました。

副菜: 彩り野菜の和風テリーヌ

色とりどりの野菜をゆでて型に並べ、「味の素KKノンオイルドレッシング だし香る青じそ」をベースとしたなじみのある和風仕立てのゼラチン液で固めます。 刻み~ペースト食の方には、お好みの野菜とゼラチン液をペースト状にし、順に型に流し固めていくとよいでしょう。切った時の華やかな色合いは、行事食にピッタリです。

汁物: 白身魚のブイヤベース風スープ

いつもの赤魚を、クリスマスは豪華な洋食メニューで提供してみませんか? 「クノール® クッキングスープ」トマトコンソメに、「コクのチカラ®」甲殻類のコクと香味野菜をプラスして、ブイヤベース風スープを作ります。 そこに、「献立さん®」やわらかアップお肉・お魚用に2時間以上漬けて、しっとりふっくらと焼き上げた赤魚を添えます。

フリーカットケーキ いちごショートケーキ

果肉入りの甘酸っぱいいちごソースとコクのあるホイップクリームを、しっとりとしたスポンジでサンドしました。

完成イメージ

行事食カード&箸袋シート(PDF)

行事用イラスト素材

会員限定

この記事の続きをご覧になるには会員登録が必要です。

まだ会員登録がお済みでない方はこちら

会員登録

すでに会員登録済みの方はこちら

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。