1月「お正月」

一年の計は元旦にあり。皆さんどんな抱負をお持ちですか?私たちは今年も、“おいしい行事食のご提案”で、元気で健やかな毎日をサポートしていきます。
今回は、“お雑煮”と“七草がゆ”をご紹介。やっぱり、美味しさの決め手は「だし」!お正月の定番メニュー“お雑煮”をより美味しく召し上がっていただくコツと、“七草がゆ”は定番&中華風のアレンジレシピをご紹介します。

お節料理と七草がゆの関係

お節料理は本来、節日(節句)に作られる料理でした。お節句は一年に5つあるので、昔の方は年に5回もお節料理を食べていたようです。
そのうち、最も重要な節句がお正月であることから、1月に食べるものが残ったとされています。
七草がゆは1月7日の朝、七草を入れたおかゆを食べると健康に過ごせる、といういわれがあり、新年に若菜を食べる中国の習慣が伝えられたものとされています。また、七草がゆには、お正月のお祝い膳や祝い酒で弱った胃を休めるために食べられた、という説もあるそうです。

参考文献:「366日記念日事典」(日本記念日協会)

「お正月」の献立提案

お雑煮もお粥もちょっと手を加えるだけで、
満足感のあるメニューになります。

レシピのポイント

お雑煮

関東風雑煮

普段使っているだしに、「ほんだし®」こんぶだしと「丸鶏がらスープ」を足してみてください。3種のうまみがしっかりとしたお正月らしい “だし”になります。 大根を使って仕上げたおもちとの相性も抜群です。

京風雑煮

「お塩控えめの・ほんだし®」に白味噌を加えた、少し甘めの上品な味わいのお雑煮です。「お塩控えめの・ほんだし®」は“かつお節感”が強いので、白味噌の風味を引き立て、淡泊な椀種でもよく合います。刻み~ペースト食の方には、お好みの野菜とゼラチン液をペースト状にし、順に型に流し固めていくとよいでしょう。切った時の華やかな色合いは、行事食にピッタリです。

七草がゆ

七草がゆ

大根の葉・かぶの葉・せりなどを加えて、七草に見立てました。 素材の味を邪魔しない「ほんだし®」こんぶだしのやさしいうま味で、胃にやさしく食べやすい、でも食のすすむおかゆです。大根を使って仕上げたおもちとの相性も抜群です。

中華風七草がゆ

しょうがやクコの実を加えた、薬膳風おかゆです。 丸鶏と帆立のうま味を加えることで、おかゆでも、しっかりと食べ応えあるメニューに仕上げました。

おせちにおすすめ!

ぶりの中華風照り焼き

定番のぶりの照り焼きを中華風にアレンジ

紅白なます

「ほんだし®」かつおだしで酢の物。おせち料理のなますにも。

やわらかごぼうの胡麻酢和え

かつおと胡麻風味がおいしい、食物繊維たっぷりの和え物です。

完成イメージ

行事食カード&箸袋シート(PDF)

行事用イラスト素材

会員限定

この記事の続きをご覧になるには会員登録が必要です。

まだ会員登録がお済みでない方はこちら

会員登録

すでに会員登録済みの方はこちら

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。