じゃがいも料理でお店のファンを増やす

飲食店で最も使われている野菜は、じゃがいもと玉ねぎではないでしょうか。普段何気なく使っているじゃがいもですが、少しの工夫でお店のファンづくりに役立つ料理になります。

ポイント

①家庭料理の代表素材

コロッケ、肉じゃがなどじゃがいも料理には、家庭料理を代表するメニューが多くあります。じゃがいも料理を提供するだけでお客様のお店に対する親近感が増します。

②味付けにひと工夫

家庭で出されるおふくろの味に正面勝負して勝つのは、難しいことです。だからこそ味付けにひと工夫して、お店の味を作ることが大切です。

③手間のかかる手作りコロッケを出す理由

手作りコロッケは、手間のわりに売価をあまり上げられない料理です。しかし手作りすることによって「その店のコロッケが食べたい」といったお店のファンを作れるという大きなメリットがあります。

【今回のご提案】「お店ならでは」のじゃがいも料理

新じゃが味噌バター

「ハイミー®」で料理の完成度を上げる

バターと味噌を合わせた味噌バターに「ハイミー®」を加えるとコクとうま味が広がり、料理の完成度が上がります。添え物や小鉢としてお試しください。

ポテトコロッケ

「クノール® ビーフコンソメ」でうま味と風味がアップ

「クノール® ビーフコンソメ」を下味に使うことで、うま味と風味が増し、じゃがいものほくほく感が際立つお店の味になります。

新じゃがを使ったコンビーフの肉じゃが

「ほんだし® かつおだし」で風味を高める

コンビーフを使うと、肉とじゃがいも量のバランスが均一になります。「ほんだし® かつおだし」を加えることで、料理のコクが増します。

家で食べ慣れている料理が、お店では「よりおいしい」

家庭料理よりおいしいからこそ、お客様はお店に来ます。特別な素材、料理でなくお惣菜風の料理でもそのことが求められます。調味料を上手に使えば、お客様を呼ぶお店の味に仕上がります。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。