手まりずし

食べやすく見た目も愛らしい手まりずし

ジャンル 和食
季節

春(3~5月)

通年

カテゴリ

ごはん物

業態

居酒屋

参考原価(1人前) 会員限定

材料(4人分)

手まりずし

米(かために炊く) 2合
A 80ml
砂糖 12g
「瀬戸のほんじお」さらさらタイプ1kg袋 2.5g
「ほんだし® 」こんぶだし 1kg袋 1g
たい(刺身) 4切れ
小ねぎの小口切り 少々
クレソン 少々
しいたけ(カサに格子状に切り込む) 4枚
B 8ml
しょうゆ 6ml
いり白ごま 少々
えび(1/2厚さ切り・ゆでる) 4尾
生ハム(1/2切り) 2枚
青菜の漬物(1/2切り) 2枚
きゅうり(薄切り・塩もみ) 30g
ゆで卵の黄身 少々
菜の花 4本
C 60ml
「ほんだし® 」かつおだし1kg袋 2g
「瀬戸のほんじお」さらさらタイプ1kg袋 1g
焼きのり(帯状) 少々

作り方

【1】
飯台に炊き上がったご飯を移し入れ、Aの合わせ酢を
ふり、切るように混ぜて、粗熱を取り、すし飯を作
る。25gずつに分けて軽く丸く握る。
【2】
しいたけはBをからめ、グリルでしんなりするまで焼
く。
【3】
菜の花は長さを半分に切り、穂先をタテ2つに切る。
サッと塩ゆでし、混ぜ合わせたCにつけて冷ます。
【4】
水でぬらして水気をしぼったさらしにたいをのせて
(1)をのせて包み、しぼるようにして形作る。同様
に生ハム、しいたけ、青菜も握る。
【5】
たいのにぎりには小ねぎ、生ハムにはクレソン、しいたけにはごま、青菜にはゆで卵の黄身をそれぞれのせる。えびはきゅうりの上にのせてにぎり、菜の花はのりで巻く。

栄養成分(1人前当たり)

※汁物、つゆ類は全て飲んだ状態のカロリー・塩分になっております。ご了承ださい。

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム ビタミンA ビタミンE
54kcal 4.3g 1.0g 5.9g 27mg 0.5mg 24µg 0.6mg
ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC コレステ
ロール
食物繊維 塩分 野菜摂取量  
0.09mg 0.07mg 15mg 15mg 1.1g 1.5g 20g