旬の野菜には、その時期にカラダが必要とする栄養素が多く含まれます。夏野菜は、水分やカリウムが豊富で、身体を冷やす効果があります。
さらに、リーズナブルな夏野菜は、お店にも嬉しいWin-Winな食材です。
「夏の体調管理には夏野菜!」をアピールして集客アップを図りましょう!

  • 食材に含まれる栄養素のはたらきを知り、バランスの良いメニューを提供することで、お客様の満足度アップに繋がります。

    特に、体調を崩しやすい夏場は、カラダの調子を整えるビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれる野菜をたっぷりとることが大切です。

  •  

トマト

「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるくらい、栄養素が豊富です。適度な酸味があり、うま味成分のグルタミン酸も豊富なので、食欲の落ちる夏におすすめの食材です。

「トマト」のレシピをもっと見る

ズッキーニ

ズッキーニは、かぼちゃの仲間ですが、きゅうりと同様にカリウムを豊富に含んでおり、身体を冷やす働きがあります。ビタミンCや食物繊維も豊富で夏にピッタリの野菜です。

「ズッキーニ」のレシピをもっと見る

なす

なすの皮には、 「ナスニン」というポリフェノールの一種である栄養成分が含まれ、強力な抗酸化作用をもっています。
また、きゅうりと同様にカリウムも豊富に含みます。

「なす」のレシピをもっと見る

夏バテ対策メニューにおすすめ!

食欲が落ちる夏メニューのポイントは、「だし」をしっかりきかせること。
「だし」に含まれるうま味成分(アミノ酸)が食欲のスイッチをONにし、消化・吸収をサポートします。

味の素KKの粉体調味料は、水にも溶けやすいので冷やしメニューの味づくりも手軽にできます。

夏は辛いメニューへのニーズが高まります。
お客様は、うま味・コクの強い味付けを求める傾向が高まっています。

 

唐辛子、黒胡椒など辛味調味料と粉体調味料を合わせて使用し、辛さの中にうま味をプラスすることで、とげのある辛さにコクを付与し、マイルドなうま味を引き出します。

唐辛子料理に“+粉体調味料”で、辛さに深いコクとうま味のある食べやすいメニューに仕上げられます。

一味唐辛子5
「ほんだし®」こんぶだし0.5
「コクのチカラ®」牛のコク0.2

一味唐辛子5
ブラックペッパー粗挽き5
「ほんだし®」こんぶだし0.5

一味唐辛子5
「丸鶏がらスープ」0.5
「コクのチカラ®」干し貝柱のコク0.5

唐辛子料理に“+粉体調味料”で、辛さに深いコクとうま味のある食べやすいメニューに仕上げられます。

いつものメニューに「しびれ」をプラス!

「花椒油」でメニュー価値を上げる!
いつものメニューをやみつきの一品に!

香りの強い花椒を使用し、さわやかな香りと程よい刺激を溶け込ませました。
サッとひとかけするだけでいつものメニューがやみつきになる「しび辛」メニューに進化します!

「花椒油」を詳しく見る>

外食店のテイクアウトメニューの大前提は、お店の強さ(品質・お店ならではの味わい)を大切にすること。コンビニやスーパーの惣菜ではなく外食店のテイクアウトを買いに来るお客様は”お店ならでは”の味を求めています。
その上で、経時変化を考慮したしっかりした味付けやアレンジを行うことが重要です。

冷めても、時間が経ってもおいしい

冷めたり、時間が経つとうま味や風味が感じにくくなります。コクや風味がしっかりとしたメリハリのついた味付けが必要です。

継続しやすいメニューを揃える

テイクアウトのために、特別な食材を使ったり、手間のかかるオペレーションをすると大変です。いつもの食材やオペレーションの中で対応できるメニューから始めることが大切です。

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。