比率で覚える洋風ソースレシピ

洋食の王道メニューはみなさん大好き!
おいしい洋風メニューを作るには煮込む時間が必要だったり、当日調理が基本の給食調理では難しいメニューが多いですよね。
プロのための「クノール®」粉体洋風ソースを使えば、手間をかけずに基本のおいしい洋食メニューが提供できます。
今回は、ホワイトソース、デミグラスソースの王道メニューをご紹介いたします! アレンジメニューも、ぜひご参考にしてください。


  • 粉体なので、牛乳や水で濃度調整するだけで、様々な洋食メニューに活用できます。パサつきがちな冷凍魚も、「クノール®クリーミーホワイトソース」で作ったホワイトソースをかければ、しっとりなめらか食感に仕上がります。だまになりにくいのもうれしい特長!

  • 【比率調整のポイント】
    ● たんぱくアップしたい時は、水を減らし、牛乳を多くしてもOK!● 冷凍食材など水分の多い食材では、水分を減らし調整してください。

※加熱による蒸発率や比重は考慮していない、目安の比率です。食数により、現場での調整をお願いいたします。

  • 粉体なので、水や赤ワインで濃度調整するだけで、様々な洋食メニューに活用できます。
    冷凍など風味が落ちるお肉でも、しっかりしたコクのあるソースと合わせる事で、グッと満足度が上がります。ダマになりにくいのもうれしい特長!
     

  • 【比率調整のポイント】
    ● 赤ワインを入れることで、より本格的な風味になりますが、お好みで調整ください。
    ● ケチャップを入れると甘い味つけのソースがお楽しみいただけます。
    ● 冷凍食材など水分の多い食材では、水分を減らし調整してください。

※加熱による蒸発率や比重は考慮していない、目安の比率です。食数により、現場での調整をお願いいたします。

  • 耐熱皿が無くても提供できる
    「切り分けグラタン」!

    ホワイトソースは通常、鍋で練り上げてから使用しますが、ホテルパン調理も可能です。
    ホテルパンに食材と一緒にホワイトソース液を流し込んで、スチコンで加熱するだけ!
    ターナーで切り分けてお皿に盛るだけなので、いつもの食器で提供いただけます。

  • 【ポイント】
  • ● 熱が入りやすいように、液をたくさん入れすぎないことがポイント(深さがあると火が入りにくくなります)
  • ● 加熱設定は、ホットエアーモードにすると焼き感が増すのでオススメです。
 

  • 粉体を活かして炒めメニューに活用!
    ポロポロしがちなミンチ肉に程よいとろみを。

    煮込まず時短で深いコクと、程よいとろみがつき、食べやすく仕上げることができます。

  • 牛乳で希釈するから栄養UPにも!
    調味料のちょい足しで
    バリエーションが拡がります

    牛乳で稀釈する「クノール® クリーミーホワイトソース」なので、手軽に栄養UPもできます。
    調味料に変化を付けるだけで、マンネリ回避、バリエーション豊かなソースをお楽しみいただくことができます。
    華やかな彩りでごちそう感もアップ!

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。