食べる人に自信!介助する人にもうれしい!“自分で食べる”を応援

高齢者にとって「自分で食べる」「食べきった」ことは自信につながります。そして、介助者の負担も軽減されます。ちょっとした調理の工夫で、食べる人にも介助者にもうれしいレシピに!


「調味料」でまとめて、食べやすさをサポート!

年齢と共に身体機能が低下すると、 手先に力が入りにくくなったり、思い通りにお箸を 使うことができなくなることがあります。 「食べるとこぼすから食べたくない」なんて事になると、 食事から十分な栄養を摂取できなくなります。 お箸やスプーンでこぼれやすい食材は、ホワイトソースや マヨネーズ、クリーミーなドレッシングを使ってまとまりを良くし、 食べやすくするのも1つの方法です。

「食材」でまとめて、食べやすさをサポート!

ひじきや豆などお箸やスプーンでこぼしやすい食材は、 粘度のあるかぼちゃやさつまいものような野菜やいも類をつぶしながら 和えると、素材の栄養も摂れてまとまりの良い副菜ができます。 野菜の他にも、豆腐で白和えにするとたんぱく質も 摂取できるのでおすすめです。その他にご飯と混ぜたり、 炊き込むのもよいでしょう。

「調理法」でまとめて、食べやすさをサポート!

加熱したり冷やして固めるテクニックもあります。 焼くと固まる卵の性質を利用し、卵焼きやオムレツ、 蒸し物やお好み焼きなど色々なメニューに展開できます。 天ぷらや揚げ物にして、まとまりを作るのも良いでしょう。 その他にも寒天やゼラチンで冷やし固めて、 切って食べられるようなメニューをご紹介します。

食べやすい「ひとくちサイズ」で完食をサポート!

食が細くなった高齢者にとって、完食することでちょっとした達成感や自信がもてることがあります。小さいサイズにしてフォークで刺したり、 手づかみで食べられるメニューで、自分で食べる・ 食べきることをサポートするメニューをご紹介します。

「調味料」でまとめて、食べやすさをサポート!

「食材」でまとめて、食べやすさをサポート!

「調味料」でまとめて、食べやすさをサポート!

食べやすい「ひとくちサイズ」で完食をサポート!

食材をまとめたい時の強い味方!

この特集の評価を教えてください。

Please rate

メールアドレスが公開されることはありません。

この情報に対するご意見・ご要望をお聞かせください。